HOME  ≫  従軍慰安婦の正体

従軍記者、従軍看護婦、従軍僧などはいたが・・・。
「従軍」慰安婦と言う言葉は存在しなかった。

「従軍慰安婦」とは朝日新聞が捏造した単語が一人歩きし、
それに便乗した韓国が日本誹謗の歴史カードに使用したもの。

従軍慰安婦問題に火を付けた朝日新聞の
上村隆記者は韓国の反日団体の常任理事の娘婿!!


従軍慰安婦問題は1992年1月に朝日新聞が
「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と
報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。

記事中には「主として朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行した」などと、
戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”
と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。

宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の
裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。
しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、
翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について
軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。

ところが、河野談話によりかえって
「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、
第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、
軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」
とする政府答弁書を閣議決定している。
2013年5月14日09時08分 読売新聞 - 魚拓

昨年8月の記事では「一部全国紙」と匿名だったのが今年は「朝日新聞」と掲載。
今までは朝日新聞の論調を追従していた読売ですが、2013年8月1日の社説でも朝日新聞が発端との記事掲載。
サイト内: 「慰安婦」像設置 憂うべき米国での「反日」拡大 ⇒

歴史検証は当時の価値観で考えなければ意味がありません。

慰安婦に関しては、非常に誤解されがちなことがある。
それは慰安婦のいない軍など世界中どこにも無かったということと、
日本における慰安婦とは軍と契約した慰安所のプロの売春婦であることである。

当時は公娼制度があり、法律で認められた管理売春が合法的に存在した。

【ドイツ軍】 売春宿を軍が管理したが、売春宿のない占領地では、軍直営の慰安所を設け、慰安婦は現地の
女性を強制徴用した。強制収容所の囚人用の慰安所まであった。女性達への補償は全くされていない。

【アメリカ軍】 占領軍は日本政府に命じ、売春施設を設置させた。

【旧ソ連軍】 ユダヤ人女性やポーランド人女性を拉致し、強制的に慰安婦にして無給で
働かせていた。女性達への補償は全くされていない。

【中国軍】 大陸にいた日本女性の中には、敗戦に伴う引き揚げ時の混乱の際、
国民党軍や中共軍に拉致され、慰安婦にされるものが続出した。女性達への補償は全くされていない。

【韓国軍】 朝鮮戦争でも従軍慰安婦を設け
(この事実は、韓国人慰安婦を支援する高木健一弁護士も承知している)、
ベトナム戦争に参加した際には、現地に大量の混血児を残した

【日本軍】 慰安婦の構成は『日本人5・中国人2・朝鮮人2・その他1』で、
現地の女衒(娼婦の管理者)と契約したため強制連行など必要なかった。
経営は地元業者、監督を軍が担当し、高い給料(陸軍大将の月給が110円の時代に慰安婦の
月収は150円〜1350円
)を支払い、兵士と慰安婦の性病予防のため健康管理を軍医が担当。
破格の賠償も完全に済んでいる。

ご覧のように同じ「慰安婦」と翻訳される職業でも、中身は別物なのである。

韓国などは敗戦側女性に対する無制限の強姦が基本ですので慰安所は殆ど設置しません
韓国は数年のベトナム戦争で、強姦により3万人の混血児を残している     ライダイハン : ウィキペディア
日本軍は支那事変、太平洋戦争でも1人の混血児も報告されていない。

韓国やマスコミ等は、よく「慰安婦は女性の人権問題」などと言っているが
「ベトナムでのレイプ」やそれによて生まれた「混血児」に関して韓国はベトナムに謝罪も賠償もしていない。

フォンニィ・フォンニャットの虐殺 - ハミの虐殺 - ゴダイの虐殺 - タイビン村虐殺事件 - サイト内 : 私の村は地獄になった
認めない韓国 : 李賢主イ・ヒョンジュ駐大阪韓国総領事/魚拓 - 大韓民国ベトナム参戦有功者戦友会/魚拓

日本の敗戦時にも韓国人・米国人による日本人女性に対する強姦は数多くありました。

韓国はアメリカで、「日本軍が性的奴隷(sex slaves)にするために
20万人を超える少女らを強制動員した」と従軍慰安婦を宣伝していますが、

「20万人もの朝鮮の若い女性」というが、当時の人口は2000万人ちょっと。
議員、警察の8割は朝鮮人なのに100人に1人の自分の娘や知り合いが
強制連行されるのをだまってみていたのでしょか。

朝鮮人の人口の約1%もの女性が、
日本政府・日本軍により強制的に性奴隷にされれば、
その資料など証拠が残っているはずですが
日本・韓国・米国にも証拠となる資料は一切、見つかっておりません。

また韓国では元慰安婦だと認定されれば政府から生活費が支給され
死亡した場合などは英雄(独立有功者)として扱われる為に慰安婦として名乗り出ますが
連行されている所を目撃していた証人は出てきません

そして日本と韓国は
「戦後処理は完全かつ
最終的に解決されたこととなることを確認する」

個人賠償も含め戦後賠償は、日本も韓国も終わっているので
日本も併合時の韓国に残した莫大な財産
(銀行・鉄道・工場・発電所など)は請求していない。
日韓請求権並びに経済協力協定 第二条



日本はマスコミが保守派を批判し、韓国、中国の味方をする不思議な国
慰安婦にまつわる年表朝日新聞関連のみ抜粋

1989年

5月 主婦で「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪を・百人委員会」の事務局員、
青柳敦子が『朝日ジャーナル』に意見広告
8月 吉田清治の著書が韓国で翻訳出版

1990年

1月4日 『ハンギョレ新聞』で、韓国の梨花女子大学教授の尹貞玉が
「"挺身隊"怨念の足跡取材記」との連載で慰安婦問題を告発
7月10日 韓国で「挺身隊研究会」(現「韓国挺身隊研究所」)結成
11月 韓国で「韓国挺身隊問題対策協議会」が発足。ソウルの日本大使館前で
「日本軍による慰安婦問題」に対する抗議デモを行なう。以降水曜デモが恒例に。

1991年

5月22日 『朝日新聞』大阪版が「木剣ふるい無理やり動員」との見出しで
吉田 清治の慰安婦狩りの証言を写真入りで紹介
8月11日 『朝日新聞』が「元朝鮮人従軍慰安婦 
戦後半世紀重い口開く」(植村隆韓国特派員・ソウル発)との見出しで記事掲載


91年8月11日付け朝日新聞1面

朝日新聞の植村記者は、日本政府に訴訟を起こした「太平洋戦争犠牲者遺族会」の
女性幹部の娘と結婚しているので、義母からの情報提供で、事実に反した記事を書きました。

8月14日 元慰安婦の金学順がソウルで記者会見
8月15日 『ハンギョレ新聞』により、金学順が「親に売り飛ばされた」と証言 していたことが判明

朝日新聞1991年8月11日付、植村隆記者のソウル発記事で、
「女子挺身隊」の名で戦場に強制連行された人が出てきたと、
「女子挺身隊の戦場に連行され日本軍人相手に売春行為を強いられた
朝鮮人従軍慰安婦のうち一人が名乗り出た」などと報じました。

名乗り出た元慰安婦の金学順は、8月14日に韓国で記者会見をしています。
金学順は、「生活が苦しくなった母親によって14歳の時に、
平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。

3年間の検番生活を終え初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、
華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった」と語りました。

当時、貧困な日本人にもあった身売り話しですし、同じ朝鮮人に売られただけです。
また、植村隆記者の記事にある「女子挺身隊」は、
昭和18年9月に閣議決定されたものですから、金学順が17歳だった昭和14年には存在しない制度です。

10月10日 『朝日新聞』大阪版が井上祐雅編集委員による吉田清治のインタビュー記事を掲載

1992年

1月11日『朝日新聞』が一面トップで吉見義明中央大学教授の防衛研究所における資料発見を
「慰安所、軍関与示す資料」「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」と報じる


朝日新聞が「知らんぷり」する伝説の歪曲スクープ

この資料は実際には「陸支密大日記」に閉じ込まれていた「軍慰安所従業婦等募集に関する件」
(昭和13年3月4日、陸軍省兵務局兵務課起案、北支那方面軍及び中支那派遣軍参謀長宛)というもので、

内容は「内地にて民間業者が誘拐まがいの方法で慰安婦を募集することの疑いで官警の取調べを受けたり、
みだりに軍の名を使って慰安婦募集をする民間業者がいるので、
そういうことのないよう軍と地元官警でしっかり管理するように」というものであった。

この資料が示す「関与」とは、朝日新聞が報道するような「関与」とは全く意味合いが違うものであった。
「悪質な業者が不統制に募集し「強制連行」しないよう軍が関与していたことを示しているもので
「良い関与」である」(高橋史朗『新しい日本の歴史が始まる』)等と批判された。

サイト内: 従軍慰安婦問題(衆議院予算委員会)


朝日新聞は、このような醜悪な理屈に証拠も無いのに
メディアとして在るべき検証をことごとく省いて虚構宣伝のキャンペーンをしたのです。


1月13日十一日の『朝日新聞』の記事をうけ、加藤紘一官房長官が事実調査の前に「お詫びと反省」の談話
1月23日『朝日新聞』夕刊「窓」欄のインタビューで、
吉田清治が「強制連行した女性は少なくみても九百五十人」と発言

従軍慰安婦として原告の一人であった、文玉珠
毎日新聞 1992年5月22日の記事で
第二次世界大戦中『従軍慰安婦』として強制連行されたミャンマー(旧ビルマ)で預けた
軍事貯金の支払いを求めていた韓国・大邸市在住の文(ムン)玉珠(オクス)さん(68歳)が11日、
山口県下関市の下関郵便局を訪れ、預けた貯金の原簿があったことが分かった。
(中略)  当時「日本人として貯金した個人のお金だから直ちに返して」と訴えている。
(中略)  原簿によると43年6月から45年9月まで12回の貯金の記録があり、残高は26,145円となっている。

↑画像クリックで拡大

「文玉珠」

1992年に「戦時郵便貯金の払い戻し請求訴訟」(下関裁判)を
起こした元従軍慰安婦の文玉珠氏
1943年6月から1945年9月まで12 回の貯金の記録があり、残高は26,145 円であった。
この他5000円を実家に送金している。

文玉珠は、貯金から5000円を朝鮮の大邱の実家に送金して、
わずか2年半で陸軍大将の4年分の年収を貯金をしました。


1993年

捏造した日本軍従軍慰安婦を認めたのが、1993年(平成5年)、
宮澤喜一改造内閣の官房長官として、従軍慰安婦問題に関する日本政府の調査結果を報告した、
「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」です。



当時の従軍慰安婦問題調査では、
日本軍が慰安婦の強制連行を行なっていたとする書類資料は一切発見されなかったのですが、
平成5年8月4日、韓国における元慰安婦からの聞き取り調査だけを根拠として、

「河野談話」が出されました。

韓国内の世論に手を焼いた日本政府と韓国政府は、
「(強制連行でなく)強制性を認める」という妥協策で慰安婦騒動を切り抜けようとした。
かくして産まれたのが河野談話である。しかし結果的に、日本側は韓国政府に裏切られて終わる。

石原信雄元官房副長官は、後にこのように振り返っている。

「われわれはあの(河野)談話によって、国家賠償の問題が出てくるとは全く想定していなかった。
当然、当時の韓国側も、あの談話をもとに政府として要求するということはまったくありえなかった。



(中略)
慰安婦問題はすべて強制だとか、日本政府として強制したことを認めたとか、
誇大に宣伝して使われるのはまことに苦々しくて仕方ない。
もちろん、こういうものをいったん出すと悪用される危険はある。
外交関係とはそういうものだから。だけど、あまりにもひどいと思う

1996年



1996年のインタビューで吉田清治は、
「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の
主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と、
韓国での慰安婦の強制連行を捏造だと認めました。


2007年

3月28日付の朝日新聞夕刊『ニッポン人脈記』での吉見義明は
特集記事は『少女に甘言「拉致と同じ」』という見出しを3段抜きで大きく掲げている。


朝日新聞夕刊 2007年3月28日 1面の醜悪な、へ理屈

朝日新聞記者・早野透は、こう語る。
拉致被害者も、「いい仕事がある」などと「甘言」にだまされ、連れ去られた例がある。
朝鮮人の少女が業者から「赤いワンピースと革靴」を見せられ、「いい暮らしができるよ」と
戦地の軍慰安所に送られたのもまた、「甘言」による「拉致」ではないか。

更に「吉見義明」自身も、こう主張する。
今風にいえば、軍が業者にやらせる方が効率的だとアウトソーシングしていたのです。と報道した。

2013年

2013年05月13日の橋下氏の従軍慰安婦に関する発言を
朝日新聞が世界的大騒動に成功しております。

米国務省の報道官は、「性奴隷(sex slaves)」ではなく「慰安婦(comfort women)」と
発言しており、米国の橋下批判は朝日新聞による自作自演、捏造報道です。 原文 / 魚拓

橋下市長の発言を捉え捻じ曲げて報道しているのは、
朝日新聞大阪本社、佐古記者、アメリカ総局、大島隆記者
BBC東京支局、大井真理子記者、NYT田淵広子記者、いわば朝日系列で一色だ。
ニューヨーク・タイムズの田淵広子記者は猪瀬都知事のトルコ発言も偏向報道しています。

AP通信の山口真理記者も繰り返し“性奴隷20万人”を垂れ流し続けているのだ。
このAP通信の粗悪な捏造記事は、米FOXニュースを始め、各国に配信された。
こうして何の根拠もない数字が、国際メディアを通じて拡散して行く。

サイト内 : 検証!朝日新聞(NYT)橋下氏の従軍慰安婦の報道


朝日新聞「従軍慰安婦」記事数の変動

年  件数  特記事項
1985   3  ソ連にゴルバチョフ書記長登場。
1986   3
1987   2
1988   4
1989   6  ベルリンの壁崩壊。
1990   8
1991  110  ソ連崩壊。
1992  622
1993  350
1994  296
1995  384
1996  450
1997  375
1998  76
http://www.akashic-record.com/jgi-a.html

「従軍慰安婦問題」は『朝日ジャーナル』に88年5月から12月まで隔週で15回に亘って掲載された
「日本国は朝鮮と朝鮮人に公式陳謝せよ」との意見広告からスタートし、
同誌の記事になり、それが朝日新聞の社会面へと波及していった

一貫して不思議に思うのは、朝日新聞が吉田証言を、そのまま真実と信じた根拠である。
その吉田証言を、他の人が証拠を持って論証して肯定できなくなると、
自らが5年後に他人事のように否定するに至っている。

一体1992年の彼の証言をホントだと信じた根拠はなんなのか?
その証言者の発言をそのまま真実とみなすウラをしっかりチェックしたのか?
こんなことになるのは、最初から結論ありきで、朝日に都合のいい発言者を選んで取材したからだろう。

理由がなんであれ、はっきりしていることは朝日の記者は自らは取材者の発言の虚実には全く責任を
持たないで、記事にしていると言うことだ。そんな無責任な記事で、日本国民に謝罪させ続けていることだ。

現在テレビなどで慰安婦に謝罪せよと意見は通りますが
反論を唱える識者などは出演できない状態となっています。

マスコミは4〜5割いる日本人慰安婦には謝罪せよとは発言しませんが
2割の韓国人慰安婦には謝罪と保障をせよとコメンテーター等は発言します。
マスコミにとっては日本人はどうでも良く、韓国人が全てと番組を作成しています。

放送法第4条の4項には
C意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
とあります。世論には強制連行は無かったと言う意見もありますが、テレビの中では
韓国人慰安婦がかわいそうとなり、ふしぎな事に意見がほとんど対立しませんよね。

日本政府・日本軍は、
慰安婦募集が強制的にならないようにと注意を払っていた。


陸軍省が中国派遣軍にあてた、「軍慰安所従業婦等募集に関する件」
(1938年3月4日付)では、誘拐に近い募集など問題のある業者がいると指摘、
「軍の威信保持上、並に社会問題上、遺漏なき様」と呼びかけていました。


↑画像クリックで拡大

件名 軍の慰安所従業婦等募集に関する件
副官より、北支方面軍及び中支派遣軍参謀長宛 通達案
支那事変(日中戦争)地に慰安所設置するため、内地において従業婦(慰安婦)を募集する際、日本軍の軍部了解などの名義・権威を利用するため、日本軍の威信を傷つけ、一般人の誤解を招く恐れがあること。あるいは、従軍記者、慰問者などを通じて不統制に募集し、社会問題を引き起こす恐れがあること。あるいは、慰安婦を募集する業者が相応しくない場合、誘拐に類した方法を使い、警察の検挙・取調べを受ける等、注意を要する事例が少なくないので、今後、慰安婦の募集に関しては、派遣軍がこれを統制し、慰安婦募集を任ずる選定を周到・適切に行い、慰安婦募集に際しては、関係地方の憲兵、及び警察当局との連携を密にし、日本軍の威信保持、また社会問題上、手落ちのないように配慮するよう依命通達する。
陸支密七四五号 昭和十三年三月四日

つまり、日本政府・日本軍は、内地にて民間業者が誘拐まがいの方法で
慰安婦を募集することの疑いで官警の取調べを受けていたり、
みだりに軍の名を使って慰安婦募集をする民間業者がいるので、
そういうことのないよう軍と地元官警でしっかり管理して募集に際しての無用なトラブルを避け、
日本軍の威信を汚さないよう取り締まりを強化せよとの意味が書かれている。

しかし、同じ朝鮮人に騙される・誘拐されるなど、
犯罪により慰安婦になった朝鮮人女性も存在して、
警察が取り締まり検挙
をしていた事は当時の新聞も報道していました。


↑画像クリックで拡大
1933年6月30日「東亜日報」より
「路上で少女略取。醜業中国時に売り渡し」
金神通を売った男女検挙〜判明した誘拐魔の手段
記事では金神通という少女を誘拐した朴命同(仮名)が6月18日に
鐘路署の警察官に逮捕されたことが記載されています。
朴命同は誘拐し、中国人に売ろうとしていた模様。

誘拐の常習犯だったとも記載されています。
1933年代には、中国に向けて人身売買があったことが分かります。


↑画像クリックで拡大
1933年5月5日「東亜日報」より
「民籍を偽造 醜業を強制」
悪魔のような遊郭業者の所業〜犯人逮捕へ
「市内に住む呉*換は、漢南楼という商号で娼妓していたが、
朴*南という16歳の少女を350円で買い、年齢不足で娼妓が出来ないため、
兄弟の戸籍を使って営業許可を得ようとしていたことが発覚。
前記のような方法で多数の幼い少女を使っていた・・・(一部略)」

ここでも「悪魔のような朝鮮人業者」の話題が出ていますね。
年齢不足を戸籍偽造で売春させるとは酷い業者です。
これは都市部の話ですが、田舎になるとさらに酷い状況になっていたもよう。


↑画像クリックで拡大
1938年12月4日「東亜日報」より
「良家処女を誘引し、満州へ売却騙財」 〜釜山署、犯人逮捕
「群山の紹介業者、田斗*(38歳)は、去る11月15日、
釜山に住む下*テイコ(19歳)と同じ市内の菅*静香(17歳)を
満州で就職を世話してやると甘言を用い、さらに遊郭に売るという
委任状を偽造しようとし、群山につれていこうとしている時に召還、現在取調中・・・」とある(一部略)

当時の朝鮮半島の悪徳業者により日本人まで被害にあっていた。


↑画像クリックで拡大
1939年8月31日「東亜日報」より
「悪徳紹介業者が跋扈。農村婦女子を誘拐。
被害女性が100名を突破する」〜釜山の刑事。奉天へ急行
朝鮮人が朝鮮人・日本人を誘拐して売り飛ばしていた。


↑画像クリックで拡大

遊郭業者の人身売買を憂慮して警察が営業停止


↑画像クリックで拡大
1939年3月15日「東亜日報」より
日本の官憲は悪徳女衒(鮮人)に誘拐された朝鮮の女性を救出していた

当時の新聞記事のように「朝鮮人悪徳業者」と
「それを懸命に取り締まる警察」が本当の姿です。

サイト内 : 2013/03/8/の衆議院予算委員会

日本政府・日本軍が、慰安婦を強制連行、慰安所を設置した事実も、
従軍看護婦や従軍記者のように軍属扱いした事実もありませんし、
そもそも「従軍慰安婦」という呼称すら存在しませんでした。


大東亜戦争当時、陸軍大将の俸給は年間約6600円(月給550円)、
二等兵は年間約180円(月給15円)でした。
また、1944年頃の九州の炭坑での朝鮮人の月収は150〜180円、
巡査の月給は45円、大卒事務系初任給は75円でした。

1944年頃、韓国での慰安婦募集広告には、
「月給300円以上。3000円まで借金が可能。」とあります。


↑画像クリックで拡大

慰安婦至急大募集
年齢 17歳以上23歳迄
勤先 後方○○部隊慰安部
月収 300円以上(前借3000円迄可)
午前8時より午後10時迄本人面談
京城*******20
今井紹介所

現在の貨幣価値にすると、
慰安婦の月給は133万円以上、1330万円もの借金が可能でした。
(戦地での慰安婦は危険が伴うため収入は割高)


↑画像クリックで拡大

『軍』慰安婦急募
一、 行  先 ○○部隊慰安所
一、 応募資格 年齢十八歳以上三十歳以内 強健者
一、 募集期日 十月二十七日〜十一月八日迄
一、 出発日 十一月十日頃
一、 契約及び待遇 本人面談後即時決定
一、 募集人員 数十名
一、 希望者 左記住所で至急相談
京城府鐘路*楽圍町一九五
朝 鮮 旅 館 内
光*二六四五
(許  氏)

この募集した人が、軍から正式に認められた人かどうかはわからないが、
民間人による募集であったということは間違いない。しかも、氏名からして朝鮮人である。

当時、ウエイトレスなどの月給は大体10円〜20円。
300円と言えば、現在のおよそ150万円に相当する。
こうした募集広告の存在こそ、強制連行が無かった証拠に他なりません。

世界に向けて残虐な犯罪者とプロパガンダ行う韓国

安倍首相の訪米中に米国の2大有力紙に批判広告を掲載
韓国系米国人団体が26日付のワシントン・ポスト紙
27日付のニューヨーク・タイムズ紙全面広告を載せた。

ニューヨーク・タイムズ紙の掲載内容は
「120万人の韓国系米国人は憤激している」とし
「反省しない高慢な気持ちこそがアジアでの
日本の立場と指導的役割を損なうことになる」と警告。

さらに、日本人拉致問題についても「性の奴隷にされた20万人の韓国人に対する
首相の高慢な姿勢を考えると、拉致された日本人17人の命運を気遣うことは、
もはやできない」としている。
2007/04/27 15:09 共同通信 / 魚拓


在米韓国系ロビー団体「韓国人有権者センター(KAVC)」は今後、
米国内20カ所に慰安婦碑の設置を宣言しています。
また、ニューヨーク市クイーンズ地区にある大規模住商複合団地も予定地で、
ピーター・クー市議は、地域の道路に慰安婦の名前を付けると発表しています。


2010年、米国パラセイズ・パーク市の図書館に「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)が設置されました。
1930年代から45年まで日本帝国主義の軍隊に踏みにじられた20万人の女性と少女<を称える
慰安婦とされた人々は想像することも出来ない残酷な人権侵害にあった
私たちは人類に対するこの残虐な犯罪を決して忘れてはいけない。と書かれています。



2012年6月、ニューヨーク州ナッソー郡アイゼンハワー公園の慰安婦記念碑
日本軍が「性的奴隷」にするため、20万人を超える少女らを強制動員したと指摘。
これらの犯罪は必ず、認められるべきで、絶対に忘れられない。と書かれています。


2012.12、カリフォルニア州オレンジ郡 ARガラリアモール(私有地)の慰安婦記念碑
日帝強制占領期間の時日本軍慰安婦が
「強制的な性的奴隷」だったとの事実を指摘する内容が含まれている。


2013.3、ニュージャージー州バーゲン郡庁舎前の慰安婦記念碑
第二次世界大戦中と前に
日本帝国の軍隊によって
性奴隷制に強制された
数十万人もの朝鮮、中国、台湾、フィリピン、オランダやインドネシア
の女性や少女たちを記念して
2013年
ニュージャージー州
バーゲン郡行政長官
バーゲン郡委員会(?)
バーゲン郡慰安婦記念委員会
バーゲン郡住民
と書かれています。



画像クリックで拡大
2012年5月29日付の米紙ニューヨーク・タイムズに、
従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める「DO YOU REMEMBER?(覚えているか?)」という広告


画像クリックで拡大
2012年8月7日に米国ヒューストンの高速道路の広告塔に、
従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める「DO YOU HEAR?(聞こえるか?)」という広告


画像クリックで拡大
2012年10月4日にニューヨークの、タイムズスクエアに、
従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める「DO YOU REMEMBER?(覚えているか?)」という看板

片山さつき総務省大臣政務官(自民党)

韓国が在米ロビイストなどを動員して、日本をおとしめる世論工作を展開している。
日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の慰安婦発言が注目されるなか、
米国内では、日本の歴史認識を取り上げる動きもあるという。

今月初めに訪米した韓国の朴槿惠大統領は、
オバマ大統領との米韓首脳会談や、議会演説で日本批判を繰り返した。
「安倍晋三首相の訪米時より厚遇された」との報道もあるが、確かに、両国の存在感には違いがある。

片山氏は「昨年訪米したときに驚いたのは、親日家で有名な、
ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所長のケント・カルダー氏が
『日本担当』から『日本・朝鮮半島担当』になっていた。

また、保守系シンクタンクのヘリテージ財団には、
巨額の寄付をしているサムスングループの李健煕会長の部屋があった。
トヨタなど日本企業は、部屋を持っていないのに。
影響力の落ち込みがいかに大きいのかを痛感した」と語った。

韓国系ロビイストの活動は、年々巧妙になっている。
米国内の各所に「慰安婦の碑」の設置が進められているほか、
在米韓国人らでつくる団体「韓米公共政策委員会」は今年3月、
ニューヨーク州ロングアイランドのホロコースト記念館に、慰安婦特別展示館を設けると発表。
2013.05.22 ZAKZAK

慰安婦の半数以上は日本人で、朝鮮人は2割ですが、
「被害者」の多くが朝鮮人だったという俗説が定着してしまっていて
慰安婦問題は、朝鮮人の民族受難の物語にすり替えられているのである。

カリフォルニア州のグレンデール市は7月30日を「韓国慰安婦の日」に指定しました。
慰安婦問題について、これまでにも米国議員は
「慰安婦(comfort women)」ではなく「性奴隷(sex slaves)」だと発言しています。

今、慰安婦問題は次の次元に入り
「日本では慰安婦問題というと『強制連行の有無』ばかりが焦点のように思われがちだが、
国際的には彼女たちが現地でどのような待遇を受けたか、というところに問題意識が移っており、


世界では「慰安婦=性奴隷」という認識になってきました!
ストレートに強制連行はなかったと言っても反感を受ける事態となっております。

日本に理解があり色んな事をよく調べ事実関係も熟知している
ケヴィン・メア氏ですら、強制があったかなかったかという議論をする事自体、日本の国益に反すると
欧米ではそういう事を言った瞬間にそれはホロコーストが無かったと同じ発言(戦争美化)だと
見られてしまうからそういう事は言わない方が身のためだと発言しています。

米国政府や米国議会に対するロビー活動は、
韓国の性格的に得意とする分野で非常に熱心。

2007年7月
米国連邦政府下院が、旧日本軍による慰安婦の強制連行について、
日本政府に謝罪を求める決議を満場一致で採択した。

2013年1月29日
ニューヨーク州議会上院は、
旧日本軍の「慰安婦」問題を記憶にとどめるとする決議を全会一致で採択しました。

2013年3月21日
ニュージャージー州議会は、下院本会議で、
旧日本軍の「慰安婦」問題について、元「慰安婦」の人たちに支持を表明し、
日本政府にその「歴史的責任」を認めるよう求める決議を全会一致で採択しました。
このNJ慰安婦決議文は慰安婦は性奴隷、20万人に加え、
慰安婦の4分の3は、残忍な仕打ちを受けて死亡し、
生存者は性的暴力や病気で不妊症になったなど、とんでもない内容です。

チベット人虐殺を完全無視している
国連拷問禁止委員会が、有りもしないことで日本に勧告



大きく報道したのが、朝日とNHK / 2013年6月1
朝日新聞 : 慰安婦問題、国連拷問禁止委員会が勧告 / 魚拓

2008年9月、米国のチベット支援団体・ICTは、
その年の春に始まったラサ大虐殺と大規模な人権弾圧に関する
リポートを国連の拷問禁止委員会に提出した。
Link : ICT作成/国連拷問禁止委員会提出資料

そこには虐殺が起きた正確な場所と日時、
複数の目撃証言が盛り込まれていた。
不当に拘束されたチベット人の膨大なリストを掲げる一方、
曖昧なケースは除外するという精緻な調査結果でもあった。
画像 : キルティ僧院でのチベット人惨殺2008年 / 公開処刑

国連拷問禁止委員会は、審議メンバーの副委員長を中国が務めているので
現在進行形の深刻な人権蹂躙を握りつぶした…本当の拷問はテーマにすらならないのだ。
今や、中国共産党による大虐殺にお墨付きを与え、側面支援する国連拷問禁止委員会になっている。

話が少しそれましたが
碑を見たり広告を見た米国人は、間違いなく慰安婦が「強制」であったと誰もが思うだろう。
すでに在米邦人の子供たちが、これら捏造歴史認識で「イジメ」にあっているとの情報が入ってきている。
無実の韓国人女性をレイプした日本人の子孫として白眼視され始めているというのだ。

河野談話から20年が経った。日本政府と韓国政府は、今度は「強制(性)」に換えて
「人道的解決」というキーワードで問題を切り抜けようとしているようだが、
外交の冷酷さがどういったものか、日本政府は痛い思いをして学んだのではなかったのか?


朝日新聞は「日本と韓国の人道的打開策を探ろう」と、
早くもこの新しいキーワードに大乗り気である。「強制性」はもう古い、
これからは「人道的解決」がトレンド・ワードであると、朝日新聞もウキウキが止まらない様子。
この一連のニュースを見ても、慰安婦騒動がいかに日韓外交の障害になっているか分かりそうなものだが、
朝日新聞はあまり良心の呵責は感じていないのではないか?


↑画像クリックで拡大
この慰安婦急募は(許 氏)の氏名からして朝鮮人が募集
2011年12月に、韓国がソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置しましたが、
日本政府の撤去要請に対して、
韓国政府は「誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」と撤去要請を一蹴された。



これが、日本の政財官界が日韓友好と言い続けて、
マスコミが韓流ブームと報道している韓国という国の正体で、
存在もしない従軍慰安婦問題で日本に謝罪と賠償を求める反日国家です。



NHKでの櫻井よし子さんの説明
桜井さんだけが話を切られるが最後まで背筋をピンと伸ばし、目をまっすぐに向けて話す

私、この慰安婦問題についてかなり深く当時のこの93年の河野談話を出した人々、河野洋平さんも含めて、
当時の東京におられたコウ大使、コウロメイさんていうんでしょうかね、
にも、ソウルまで行って取材をいたしました。
当時の外務省の要人の谷野さんたちにも、みんな取材をいたしました。

で、その時にですね、韓国政府の方で慰安婦の女性たちのことについて日本からの取材がほしいと、
それは彼女のたちの名誉のためにも、日本側が強制したということを言ってほしいっていうことも
当時の新聞報道を見るとですね、談話が出る前にもう、
少なくとも強制性を認めなければならないみたいなものがずーっと書かれてあるんですね。

これ時系列で見ると非常に面白いですね。
で、私は聞きました。どういう資料があったんですかと。
資料は全くなかったと。ワシントンにあるって言えば
ワシントンの公文書館に飛んで行って調べてみたけども、そこもなかったと。

韓国側から出されたものにも日本政府、それから軍がですね、強制連行したっていう証拠はなかったと。
だけれども、女性たちの話をとにかく聞いて下さいっていうことで、
16名の、慰安婦だったという女性たちのお話を聞きました。

けれどもその聞き方というのは、
こちら側の質問とかですね、そういったものは一切許されずに、
全部一方的にお話を聞いたそうです。で、そのお話の内容は、未だに公開されていません。

私は情報公開してほしいと思ってるんですね。
どんなことをおっしゃったか、どんな酷いことを、
本当に日本がしたのであるならばですね、聞きたいと思います。でも情報公開されていません。

で、それを見た方々はですね、これが強制連行だったということは、どうも言えないと。
じゃあ、なぜ、河野さんがですね、強制性を認めたのかということについて、

これは当時の文藝春秋というものにきちんと記事を書きましたけれども、

韓国側からどうしても
女性たちのメンツのために認めてやってほしいと。


もし、日本側がそれをするのであるならば、経済的な補償は求めませんし、
また、慰安婦の問題についてこれから取り上げることもしませんという、
阿吽(あうん)の呼吸の、暗黙の了解があったって言うんですよ。

で、私は、それは念書にしたんですかと聞きました。石原、官房副長官だった方にですね。
そしたら、いや、そんなことが出来るような状況ではなかったということで。
で、河野洋平さんにも私はこのことについて、その強制っていうことについて伺いましたら、
精神的な強制であるとか、時代背景としての強制っていうことをおっしゃいました。

で、私はですね、
ぜひこの慰安婦の方々にも事情聴取した、事情聴取って一方的な話ですけども、
それを公開してほしいということと、

やっぱり私は日本政府のですね、これ田中さんに対する注文でもあるんですけども、
82年の教科書書き換え事件の時も、あれは誤報だったんですよ。

文部省は非常にあの時に宮沢官房長官談話をですね、出すことを嫌ったんですけども、
外務省の主導で、あの時、近隣諸国条項も入れてですね、
誤った、この慰安婦の問題について、確かに女性としてですよ、これは本当に嫌だったと思いますよ、
本当に気の毒だったと思いますけれども、そのことと、日本国が、国家として、
これを強制したとかですね、そのことを認める、
事実でないものを認めるっていうことは全く違うことだと思いますね。

ですから人道的に、何かをするということなら私も賛成です。
でも、日本国がですね、きちんとした主張もしないでですね、
このようなことを延々と続けるということは、お互いのためにならないと、私は思います

ジャーナリストとしてひとつ発言していいですか?
慰安婦問題で日本が強制連行したということの文書の、
元々の元になってるもののひとつに、吉田清治さんて人が書いた、
『私の戦争犯罪-朝鮮人の強制連行』という本があるんです。この本がですね、
1983年に日本で出ました。89年に韓国語、ハングルに訳されました。

そうした時に韓国の記者の方でですね、済州島に吉田清治っていう人は女性を200人、
慰安婦狩りで集めに行ったということを証言してるんですけども、キョさんという、
この済州新聞のキョという女性の記者がですね、もうすごく怒って、調べたんですよ。

で、色んな村々に行って調べて、ここから何人強制的に連れて行かれたのかということを聞いたらですね、
例えば当時、85歳のチョン・オクタンさんという人がですね、ここは250軒ぐらいしかない小さい村だと。
そこから15人も16人も連れて行かれたら大変なことだけれども、そんなことはないということを言ってるんですね。

また、そこの郷土の歴史を調べる郷土歴史学者という、キン・ホウギョクさんという人がですね、
この本は全く本と呼ぶこともできないようなものだと。
個人の軽薄な金儲け主義で書かれたということまで言ってて、
どうして日本人はこういう本を書くんですかと、逆に日本人に質問してるんですね。
で、これは済州新聞の書名入りの記事ですよ。

どうしてこういうことが韓国の、例えば朝鮮日報に出ないんですか?
朝鮮日報は今年の9月6日、この吉田清治の本を再び取り上げて、コラムを書いている。
これは非常におかしいと思います
youtube: 〜領土で揺れる日中韓〜 「対立を克服できるか」

日本政府の中にはも色々な政治家が存在します。

▲ 韓国で日本大使館に向かって慰安婦(売春婦)デモに参加する
民主党参議院議員「岡崎トミ子」


福島瑞穂社民党首の資産 2009.11.23 http://blog.sonodago.com/?eid=993312
民主党の閣僚の資産が公開された。
鳩山首相の資産が断トツで多いのは予想されたことだったが、二番目に資産の多いのが
福島瑞穂社民党首(消費者・少子化担当相)だったのには驚いた。何と2億4999万円。
その半分は弁護士時代の報酬だと言う

慰安婦問題の「主犯」は  福島瑞穂弁護士
 池田信夫 2012年08月17日 01:15 http://blogos.com/article/45082/

慰安婦問題の特異性は、日本人が創作した話だということだ。
ふつう「私が犯罪者だ」と嘘をつく人はいないが、奇妙なことに戦争についてはそういう「詐話師」がいる。
この問題の発端となった吉田清治がその最たるもので、彼の『私の戦争犯罪』には、済州島で「慰安婦狩り」
をした様子が詳細に書かれているが、なんとすべて嘘なのだ。本人ものちに「フィクションだ」と認めた。

ところが
吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、
福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。
そこで見つけたのが金学順で、彼女はNHKにも出演して「親に売られてキーセンになり、
義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と証言した。

この話をNHKに売り込んできたのが福島氏で、彼女はスタジオに立ち会って金にせりふを教えていた。
目的は、軍票(敗戦で無効になった)で支払われた給与の賠償だった。

しかし朝日新聞の植村記者がこれを(吉田のストーリーにそって)
「女子挺身隊として強制連行された」と誤って報じたため、
福島氏らは訴状を「軍に連行された」と書き換えた
(だから彼女は「強制連行」が 嘘であることを知っているはずだ)。

その原告団長は植村記者の義母だったが、
のちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、行方をくらました。

要するに戦争をネタにもうけようとたくらんだ旧軍人が「軍の性奴隷」という
猟奇的な話をでっち上げ、それを政治的に利用しようとした
日本の弁護士が韓国人をけしかけ、朝日新聞がそれに乗せられたという構図だ。

したがって主犯は福島氏で、朝日は問題を拡大した共犯である。

この騒動で福島氏は「人権派弁護士」として
マスコミにデビューし、国会議員にもなった
が、彼女のおかげで日韓関係はめちゃくちゃになった。
今回の慰安婦騒動に彼女が沈黙を守っているのは、ここまで嘘がばれてしまうと取り繕いようがないからだろう。
朝日新聞とともに彼女にも説明責任がある。国会で説明すべきだ。

福島瑞穂氏は金学順さんだけでなく在日朝鮮人慰安婦の栄神道さんの訴訟代理人に名を連ねている。
日本軍の強制連行だ、性奴隷だった…だから損害賠償金767億円を、と提訴最高裁で敗訴確定済みだった!
BLOGOS(ブロゴス) / 花うさぎの世界は腹黒い

そして現在も「慰安婦」を日本に送り込む韓国

1) 台湾・米国などは出てこないがgoogle で 『韓国 出張』 と検索すると数多く検索されます。


10万もの韓国人女性が国外で売春に従事、うち日本は5万人 / 2010/10/28(木) / 魚拓
韓国HIV感染者 8,000人を超える / 2012/09/26 / 魚拓
韓国売春産業の規模は8.71兆ウォンでGDPの約5%占める / 2012.11.21 07:00 / 魚拓


60店経営、女性1800人!!「デリヘル王」逮捕
2011年7月28日 06:00、スポニチ

1億円以上売り上げか"
派遣型売春クラブを経営、韓国人ら3人逮捕…東京

2011年11月24日、産経新聞

「短期滞在で稼ぐには売春しかない」 
過去最大級の韓国売春グループ摘発 警視庁
/ url
2012年9月27日、産経新聞

「韓国でスカウト」〜派遣型風俗店経営者らを逮捕
2013年3月12日、テレビ朝日


韓国の慰安婦問題は
日韓条約で完全かつ最終的に解決した問題を蒸し返し、
河野談話の密約を破り、アジア女性基金の受け取りを拒否し、
外交問題にして日本を貶める事を国策としている反日の国!!


HOME  ≫  従軍慰安婦の正体  ≫  次(従軍慰安婦問題2)

inserted by FC2 system