HOME  ≫  日本の教科書に内政干渉と韓国の捏造教科書

日本の教科書への内政干渉

歴史教科書とは外国人が反対運動したり裁判を起こすのは内政問題であり、
外国からどうこう言われたからと言って、いちいち内容や記述を変更すべき代物では無い。

考えてみて欲しい。日本が中国や韓国・北朝鮮に対して、
あなた方の国の歴史教科書のここが間違っているから、直しなさい。
と要求した所で、彼らは内容や記述に変更を加えるだろうか? 答は、端(はな)から決まっている。

歴史教科書は我が国の主権に属すものだ。
外国にどうこう言われる筋合いは全く無い。これは明らかに内政干渉である。

これが当たり前であり、本来の姿なのだ。その当たり前の事さえ出来ていないのが、
現在の日本政府や文部科学省(旧文部省)であり、教科書検定制度なのだ。


小田原市議会が民団が陳情した
「育鵬社と自由社の教科書を不採択」を採択!

(朝日新聞 2011/06/17) 小田原市議会が「ノー」 / 魚拓

小田原市議会は16日の本会議で、
育鵬社と自由社の公民・歴史教科書を不採択にするよう求めた陳情を賛成多数で採択した。

陳情は「誤った価値観を植え付ける」として、在日本大韓民国民団県湘西支部が出していた。
市議会では「反韓国、反中国の感情をあおり立てており、採択すべきでない」という意見が大勢を占めた

一方、「教科書の是非はともかく議会で審議することが、
教育委員会の中立性を侵すことになる」とする意見もあり、本会議での採決を棄権する議員も出た。
民団湘西支部の白海秦団長は「教育委員会に圧力をかけるつもりの陳情ではない。
議会に問題の認識をもってほしい」と話す。

学問より韓国を選んだ小田原市議

クリックで画像拡大


なぜ、参政権の無い朝鮮人団体の陳情が受け入れられるのか?
在日本大韓民国民団滋賀県本部湖西支部(白海秦支部長=女性)が、
遠く離れた神奈川県小田原市議会に「育鵬社と自由社の歴史教科書を採択しないよう求める陳情」を行い、
これを市議会が賛成多数で採択した。

たんに、外国人が日本人の教科書採択に介入するとういう内政干渉だけでなく、
小田原と言う地域と関係ない滋賀県の外国人団体の陳情を、あっさり採択する地域性無視の矛盾に、
小田原市議会議員は気がつかないのか、という根本問題だ。


韓国の市民団体「アジアの平和と歴史教育連帯」
日本の中学校社会科教科書の修正を求めて、
東京都内で記者会見を開きました。
侵略戦争を美化する育鵬社、自由社の歴史教科書をはじめ、
韓国にかかわる記述の問題点を指摘しました。

同会は7社の地理・歴史・公民教科書について
計177カ所の修正を求める意見書を日本の文部科学省に提出しています。
韓国の市民団体が批判 /魚拓 2011年07月21日09時37分 livedoorニュース
中学校歴史/教科書採択"夏の陣"…民団神奈川で決起大会 /魚拓 2011-06-08


歴史まで要求する韓国・朝鮮人 ↑画像クリックで動画

愛媛県では歴史教科書の採択訴訟を数多くおこされております。
その内の1つは 原告の数3459名  日本国籍を有する者209名  残り3250名は外国籍

日本の教科書問題は2001(H13)年の新しい歴史教科書の発足に端を発し、
今年も執拗な国内 (干渉1 干渉2 干渉3)外の 内政干渉にあってますが、
このまま4年置きの恒例行事のように内政干渉をしてくるんでしょうか?

第一、日本の歴史教科書が歪曲というならば、韓国側から日本の出版社に対して、
事実の実証を共に行えばよいと思うのですが
・・・
それが民主主義国家であり、言論の自由が保障されていることにもなると思います。
韓国側は何でも日本政府に対応してもらわなければならいないように言ってますが、
それは韓国側が事実の実証ができないということです。
要するに、事実実証を行うと、日本側に論破されてしまうからです

教科書採択と反対運動
現場の教員、PTA、教育委員、歴史学者、市民団体、左翼団体などの一部が
「歴史修正主義の教科書だ」、「戦前の軍国日本の肯定」などとして反対運動をしており、
採択の可能性のある学校の周囲にて反対のビラを撒いたり、採択会場に乱入したり、
「採択すると市民を殺す」等の脅迫電話を役所にかけたり、時には暴力的行為等を行っている。
つくる会ではこうした脅迫めいた反対運動が採択が進まない一つの原因であるとしている。

公安調査庁によると日本共産党や同党系団体は採択反対の取り組みをしており、
代表的反対運動団体である「子どもと教科書全国ネット21」を側面から支援し、
これらは採択関係者に抗議電話やファックスを集中的に送ったり、
文科省周辺で「人間の鎖」を行うなど激しい反対運動を展開しているとしている。

また過激派の共産主義者同盟戦旗派や共産主義者同盟 (全国委員会)が主導する
「アジア共同行動日本連絡会議」が、採択に反対する内外の労組、在日韓国人団体などと共闘して
全国各地の教育委員会や地方議会に対し、不採択とするよう積極的活動をしていたことが明かされている。

栃木県下都賀地区の場合、一度採択が決定したが、中核派主導の「百万人署名運動」が
教科書採択協議会に抗議電話を殺到させており、
結果的に栃木県下都賀地区は採択を撤回するに至っており、
またJRCL(旧第四インター)や統一共産同盟の活動家が加わった団体が採択を検討していた
和歌山県教育委員会に集中的に抗議ハガキや質問状を送り付けていたことも伝えられている。

2002年には、革命的労働者協会(解放派)がつくる会事務所に
時限発火装置で放火するテロ事件まで発生している。

中核派は2005年の杉並区で採択が検討された際にも
教職員組合などと共闘して抗議運動をしていたことが伝えられており、
インターネットで集まった賛成する市民に北島邦彦(都政を革新する会)が
暴力をふるって逮捕される事件も起こった 。

韓国の報道機関のなかには「つくる会」を『日本の教科書わい曲団体「つくる会」』といった表現をしており、
また在日韓国人組織である「在日本大韓民国民団」が、つくる会の運動を、超党派議員で構成された
「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」がバックアップしており、
そこでの活動が「韓日関係の熱気を凍らせるもの」などとして採択反対運動を行う主張をしており、
杉並区での採択の際にも全国の民団員が次々と殺到して傍聴席に陣取り、
杉並区議会で教科書採択の質問が出ると、禁止されている野次を続け、注意をされても止めず、
さらに区長室の前にも多数で押し掛け、シュプレヒコールを繰り返している。
Wikipedia




韓国の捏造教科書。



韓国(唯一の)国定中学校国史教科書
韓国は国定歴史教科書一種類しかないし最も読まれる書籍が歴史教科書。
全ての韓国人の歴史認識と考えて問題ないと思う。
韓国国定歴史教科書

韓国の国定教科書の記述

日帝は李完用を中心にした親日内閣に対して
日帝に合併するよう条約を強要しついにわが民族の国権を強奪した。


しかし真実は・・・

そもそも日清戦争の目的は・・・
日本は朝鮮を清から切り放つため
(清国と朝鮮の宗属関係を断ち切り、朝鮮に本当の意味での自主独立国になってもらいたかった。)

1894年日清戦争が勃発

日清戦争旅順口砲台乗取之図 尾形月耕画

兵力では圧倒的に多い清に日本は連戦連勝
見事にあっけなく朝鮮の宗主国「清」を打ちのめした。
1895年4月に日清講和条約(下関条約)が締結された。



1895年3月の日清講和会議


下関条約
・清国は朝鮮の独立を認める。
・遼東半島、台湾、澎湖島を日本へ割譲する。
・2億両(テール)の賠償金を日本へ支払う。
・日本人は各開市場・開港場において、製造業に従事できる。
・片務的最恵国待遇を日本に与える。
 (注:遼東半島は、後に三国干渉により放棄させられる。)

原文


朝鮮は千年にわたり中国の属国だった。
近年には清の軍隊が漢城(現ソウル)に駐屯し、中国領になる寸前だった。
それを阻止しようと、日本が起こしたのが日清戦争だ。

戦争後の講和条約はほぼ例外なく、
第1条で、負けた側が支払う賠償や割譲する領土のことを記してあるものだが、
下関条約第1条は、「(これにより)朝鮮の独立を確認する」と謳(うた)っている。

以後朝鮮は独立の道を歩むこととなる。
日本に独立させてもらった朝鮮は国名が李氏朝鮮から大韓国にかわった。

独立して迎恩門が壊され独立門が作られた。


迎恩門

清皇帝から受けた恩に、感謝して迎えるために作った門。
ここで朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えた。

大韓帝国は、迎恩門を取り壊し、同じ場所に独立門を立てました。

独立門


現在の独立門




南大門の前に新たな門が立てられ、その上に大韓帝国の旗と日本の国旗が。
門にも日本の併合を強力に推し進めた一進会の文字。
門に「奉迎」とある。とても韓国の教科書にあるような「強要」「強奪」のフレーズはうかばない。

日本は独立の機会を朝鮮に与えています。
併合は韓国側の請願によって合法的に海外も容認する形で進められたものです。


また、原因は朝鮮王 朝に国家を運営する能力が無く、日本との信頼関係を裏切り、
国際的な信用を無くしたあげくの併合であった事実を忘れてはならない。
国を治める力が無く、陰謀と裏切りと変節の果てに国を失った朝鮮王朝の自業自得である。

韓国が言論弾圧をしなければならない理由。

もともと朝鮮は独立国だったそれを日帝が植民地にした
朝鮮併合と韓国+北朝鮮は主張し、教科書にも記述しています。

ここに韓国側の根本的な歴史の捏造が在ると思います。
サイト内:朝鮮の植民地と属国の歴史
韓国人はソウル西郊に在る「独立門」は
日帝からの独立を記念して建てられたものだと思っている様ですが、
史実は、清国から独立し、大韓帝国になった事を祝して建てられた物
であり、
この独立を実現させたのは当時の日本です。現在の韓国は 国の成立ちの定義の根本から、
実は捏造してしまいました。 自国が李朝成立時以前から中国の属国であった事実を認めたくないために、
冒頭に上げた”もともと朝鮮は独立国”を主張し続けています。

ここに日韓の歴史問題のずべての原因が有るのではないか?
言ってみれば、韓国は自国の経歴詐称をしてしまったのです。
一度嘘をついたために、次から次えと嘘の上塗りをしている。
日韓の様々な歴史問題に対し、この一点を韓国に突きつけることによって、
韓国側の主張は全て崩壊すると思います。


韓国の国定教科書の記述

日帝の支配下で、わが民族はとくに経済的な収奪によってひどい苦痛を受けるようになった。
この中でもっとも大きな被害を被ったのが土地の侵奪<だった。


しかし真実は・・・

<土地調査令>

全錫淡他著、梶村秀樹他訳『朝鮮近代社会経済史』の記述によれば、
日本は耕地面積のうち13万 4千余町歩を国有地とし、未墾地とされた土地、90万余町歩 も接収した。
当時の課税地総面積286万7千余町歩に対して考えると、
耕地面積として約5%。未墾地を含めた接収分を入れると約40%の土地を収奪した計算になる。

だが、実は土地調査事業により課税地総面積は424万8千余町歩と確認された。
これは、李氏朝鮮末期の政治の混乱により正確な統計が行われていなかったことに由来する。
この 計算だと未墾地を含めても26%となり、
未墾地を統計に入れるのは適当でない と考えればさらに少なくなる。

さらに、日本人地主に有利だったとされるが、実際には日本人 入植者の開墾により、
耕地面積が1.4倍に増加したという統計もある。
(東畑精一 他『朝鮮米穀経済論』( 日本学術振興会))


<司法制度の整備>

朝鮮総督府


平壌控訴院地方区裁判所


大邱地方法院
<金融制度の整備>

朝鮮銀行


拓殖銀行大田支店


第一銀行釜山支店

<産業開発>

平壌府営業の市内電車。運賃は市内一律で5銭


朝鮮窒素肥料・日本マグネシウム・朝鮮鉱業などの工場が次々に進出した。



京城通信管理局


水豊ダム 当時出力世界二位のダムで、朝鮮及び満州の電力をまかなった。

<教育の振興>

京城高等尋常小学校


京城帝国大学予科



大田幼稚園


羅南公立高等女学校

<朝鮮会社令>
朝鮮会社令とは1910−1920にかけ て施行された、
朝鮮半島における会社設立の届け出・認可制度のことである。
李氏朝鮮末期、朝鮮半島 には産業と呼べるものは全く存在せず、
無慈悲で無能な支配階級と搾取される貧民しかいなかった。

貧弱な商業基盤しか持たず、そもそも貨幣経済が機能していなかった。
そのような状態で資本化が 進行すればどうなるか?ということについて、19世紀の同時期に実例がある。

三国協商時のロシアに 於いては資本化が他の西欧諸国よりもさらに急速に行われたために
貧富の差が拡大し労働者はいっそ う搾取され、後の共産革命の遠因ともなった。
日本に於いても明治時代の都市住民の貧窮についての記 録は多い。

もし、朝鮮半島で無制限に資本化が行われれば、
たちまち未発達な商業基盤しか持たない 朝鮮産業は壊滅し、
資本家と労働者の貧富の差はさらに広がったに違いない。

朝鮮会社令の目的も、経済の知識がない朝鮮人による利権目的の会社乱立など、
詐欺的な行為から一般の朝鮮人を保護する目的であったとされている。

<民間資本の投入>

1936年のソウル、南大門通り。
左側が商業銀行。市電は複線になっている。
看板の文字は真ん中がレートクレーム(化粧品の名前)、右側がキリンビール。


ソウルの繁華街、本町2丁目の商店街。
東京の銀座に相当する街筋は、
街灯が消える夜半まで人通りが絶えなかった。



1940年、ソウルにあった朝鮮ホテルのサンルーム。
朝鮮を代表するホテルで、左端の女性は舞踏家・崔承喜


1937年にソウルに開業した丁字屋デパート。
ソウルにはこの他に、
三越・平田・和信(韓国系)などの百貨店があり
日本内地の流行を敏感に反映させながら
競い合っていた。


侵奪どころが莫大な投資をしてます。

日本が1945年の敗戦までに朝鮮半島につぎ込んだ資本・資産は現在の価値になおして
80兆円以上のとんでもない額になってしまいました。
結局、黒字になることのない赤字経営です。




同じように日本統治を経験した台湾の教科書はどうなってるのでしょうか?

読めばわかりますが、
同じように日本に統治された韓国
(台湾は日本領台湾。朝鮮は日本国朝鮮地方)とかなり違う内容です。
日本の「新しい歴史教科書(2001年度版)」などまったく問題にならないほど、
日本の貢献を評価しています。

台湾歴史教科書「認識台湾

一部抜粋してみます。

第八章 日本の植民地統治時期の教育、学術、社会

人口の激増

日本の植民地統治時期、総督府は熱帯伝染病に対し、
有効な予防・治療をおこない、公衆衛生を強化し、交通、産業、教育などを改善した。

このため、台湾の人口は長期にわたり高い出生率を維持し、
死亡率が大幅に低下した結果、人口は不断に増加した。

一八九六年当時の人口は約二百六十万人で、
一九四三年には約六百六十万人(在台日本人を含む)にまで増加した。
優に二・五倍も増加したわけで、その増加速度は世界でもトップであった(中略)

時間厳守の観念の養成

総督府は、週制と標準時間制度を台湾に導入し、
官庁、学校、工場では就業と休息の規則が制定され、
勤労者や学生に対し、厳格な時間遵守を要求した。(中略)

一九二一年から、日本国内に倣い、毎年六月十日を「時の記念日」に制定し、
官庁、団体などを通して、講演会や音楽会などを挙行し、
ポスターの掲載、チラシ配布などを通じて時間の重要性を説き、時間厳守、時間重視の精神を養わせ、
民衆の日常生活において、時間の標準化と時間厳守の観念を確立させた。


第七章 日本植民統治時代の政治と経済

植民地経済の発展

経済発展の基礎確立

日本植民地統治の初期、総督府は台湾を日本の経済発展に組み込むため、
積極的に各種の経済改革と建設を促進した。
(中略)

自動車の通行できる道路を修築し、
基隆から高雄にいたる縦貫鉄道を建設し、台湾の各地域間の交通運輸網を改善した。
基隆港と高雄港を改築して近代的設備を整えた港に整備し、万トン級船舶の出入港を可能にした。
このほか部分的に媽宮城(現在の澎湖馬公)を取り壊し、馬公港を建設した。(中略)

農 業 改 革

日本植民地統治の当初、総督府は「農業は台湾、工業は日本」の政策を立て、
台湾を米と砂糖の生産地とするため、農業改革を積極的に推進した。

一、各地に農業研究機関を開設し、新品種や新化学肥料を提供するとともに、耕作新技術の指導にあたった。

二、各地に農業組合を設立し、新種の普及と新技術の教育に責任を持ち、農業用借款の貸付業務をおこなった。

三、水利工事を興して耕地・潅漑面 積を大幅に拡大した。
そのうち最も有名なのは八田與一の設計・建設した嘉南大◆(大水路)であり、
その潅漑面積は十五万甲(約十五 万ヘクタール)に及んだ。

日本植民地統治からすぐ、総督府は製糖産業の近代化に尽力し、
資金援助の実施、原料採取の地域指定、市場の保護といった三大措置をおこない、
日本の新興製糖業資本家を支援し保護した。

このため、日本の資本家は競って台湾に投資するようになった。

製糖業は台湾を最も代表する産業となり、その生産量は絶えず増加し、
最盛期には百五十万トン近くにも達し、台湾を世界的な砂糖王国の一つとなした。

工業化への進展

日本植民地統治時代、台湾経済は農業を中心とし、
工業は長いあいだ農業に付随し農産品の加工が主たるものとなっていた。

一九三〇年代より日本は華南や南洋を進出目標とした南進政策の必要性から、
総督府は台湾の工業化政策を推進するようになり、
軍需に関連する基礎的工業を発展させ、台湾を日本南進の補給基地となした。

工業化の結果、農産品加工業の継続的発展のほか、
化学・金属・機械工業など重化学工業が顕著に成長し、台湾を半農業半工業社会に転換させた。

同じ日本人がやったことなのに
台湾と韓国でなぜこうも評価が違うのでしょうか?


日本が台湾のみで温厚な懐柔政策をとり、
ほかの地域では残虐の限りを尽くしたなどとはとても思えません。
中国や韓国の反日行動は、戦後徹底して行われた捏造された歴史教育によるつくられたものなのです。
そして、我々が戦後受けてきた、日本は太平洋戦争で徹底して残虐の限りを尽くしたという教育もまた、
つくられたものなのです。歴史というものは一面だけをみるべきではありません。
アジアの真実 / 日本人はとても素敵だった


韓国の国定教科書の記述

日帝は韓国の土地を略奪すると同時に、
わが民族の産業活動を様々な点で制約し、あらゆる手段を尽くして資源を略奪した。


しかし真実は・・・



文明国のはずが川で洗濯



1888年頃 ソウル 通りに面した藁葺きの建物は商店


1880年 ソウル南大門通り(中心街)


1900年 ソウル 南大門通り





外国人の記録にある韓国併合前の朝鮮の姿
そもそも半島は日本同様、天然資源の乏しい土地です。
それに併合前、産業活動をしている様子など見受けられません・・


韓国(北朝鮮)が以下のことを自認しない限り歴史教科書問題は続く・・
朝鮮が中国の属国であったことを認めず、
韓国が併合される前の李氏朝鮮事大をまるで「東洋の理想国家」と美化し、
その平和な朝鮮を「日本が侵略」し、近代化の道を閉ざした」と捏造
している限り、
歴史認識で分かり合えることはないと思います。

現代韓国人が知らない日本統治以前の奴隷社会
死亡当時、すべての朝鮮人にとって呪いの対象だった閔妃が、
今になって自主独立の殉教者として華麗に復活した現象は、
韓国人が直面しているアイデンティティーの混乱を端的に示すものだ。
韓国人が朝鮮王朝を慕い、日本の統治を受けず朝鮮王朝が継続したなら、
もっと今日の暮らしが良くなっていると考えるのは、
当時の朝鮮の実態についてきちんと分かっていないためだ。

特に子供と青少年は、きれいな道ときれいな家、整った身なり、
上品な言葉遣いのテレビの歴史ドラマを観ながら、朝鮮もそれなりに立派な社会で、
外勢の侵略がなかったならば、静かで平和な国家を保てたろうと錯覚する。
しかし日本が来る前の朝鮮はあまりに未開で悲惨だったという事実を知らねばならない。
「親日派のための弁明」 キム・ワンソプ

アメリカやASEANが指摘しているように、
韓国は、北朝鮮と同じ「言論統制(control of speech)」をして
国民を洗脳している国家ですから、韓国人は自分の常識を疑いません。
他の西側諸国は民間の歴史教科書が何百もあり、それぞれの学校で
採用していますが、韓国には歴史教科書が、国定のものが1つしかありません。

韓国では日本を嫌うために学校で教えていますね。
北朝鮮が金正日の伝説を学校で教えるのと大差がありません。
WW2の戦勝国が、ナチスと日本を並べるために多くの話を創作しました。
西洋の植民地と違って、 日本の統治下にあった韓国・台湾が、
いち早く経済発展したのは何故でしょうか?


反日洗脳捏造教育は止めてください。



デモに強制的に参加させられる子供・・
日韓関係のためにもいいはずがない
「独立記念館」内で「日本の教科書展」の垂れ幕
日の丸をかたどった血糊の下に日本の教科書がある


日本が朝鮮半島に行った事
1 朝鮮半島の人口が2倍に増えた
2 24歳だった平均寿命を30年以上伸ばした
3 人口の30%を占めていた奴隷が解放された
4 幼児売書や幼児売買が禁止された
5 家父長制が制限された
6 家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになった
7 度量衡が統一された
8 忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められた
9 朝鮮語数育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれた
10 5200校以上の小学校がつくられた
11 師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられた
12 239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がった
13 大学(帝国大学)がつくられて、病院がつくられた
14 カルト呪術医療が禁止された
15 上下水遭が整備されて、泥水すすって下水垂れ流しの生活が衛生的になった
16 日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
17 朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されず、内地の勤労動員だけで済まされていた
18 志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同じく英霊として祀られてた
19 100キロだった鉄道が6000キロも敷かれてた
20 どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれてた
21 会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換した
22 二階建て以上の家屋がつくられるようになった
23 入浴するよう指導された
24 禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられてた
25 今あるため池の半分もいまだに日本製だ
26 道路や川や橋が整儀された
27 耕作地を2倍にした
28 近代的な農業を教え、1反当りの収穫量が3倍になった
加えて、朝鮮から国会議員も選出し、「洪中将」のように、朝鮮名であっても、
中将に昇進させ、更に、貧民の出身であっても、朴大統領のように、
優秀な人材は、校長が進学させ、幹部候補生学校で恩賜の金時計を賜った。

韓国が、経済発展したのは何故でしょうか?

HOME  ≫  日本の教科書に内政干渉と韓国の捏造教科書

inserted by FC2 system