HOME  ≫  前に戻る  ≫  脱亜論  福澤諭吉(ふくざわ ゆきち)

脱亜論

  明治十八年三月十六日付『時事新報』

 世界交通の道、便にして、西洋文明の風、東に(ぜん)し、到る処、草も木もこの風になびかざるはなし。けだし西洋の人物、古今に大に(ことな)るに非ずといえども、その挙動の(いにしえ)に遅鈍にして今に活発なるは、ただ交通の利器を利用して(いきおい)に乗ずるが故のみ。故に方今(ほうこん)東洋に国するものゝ(ため)(はか)るに、この文明東漸(とうぜん)の勢に激してこれを防ぎおわるべきの覚悟あれば(すなわ)()なりといえども、いやしくも世界中の現状を視察して事実に不可なるを知らん者は、世と推し移りて共に文明の海に浮沈し、共に文明の波を掲げて共に文明の苦楽をともにするの(ほか)あるべからざるなり。

 文明はなお麻疹(はしか)の流行の如し。目下(もっか)東京の麻疹は西国長崎の地方より東漸して、春暖と共に次第に蔓延(まんえん)する者の如し。この時に当り、この流行病の害をにくみてこれを防がんとするも、果してその手段あるべきや。我輩(わがはい)断じてその(すべ)なきを証す。有害一偏の流行病にても、なおかつその(いきおい)には激すべからず。いわんや利害相伴(あいともな)うて常に利益多き文明に(おい)てをや。ただにこれを防がざるのみならず、つとめてその蔓延を助け、国民をして早くその気風に浴せしむるは智者の事なるべし。

 西洋近時(きんじ)の文明が我日本に入りたるは嘉永の開国を発端として、国民ようやくその()るべきを知り、漸次に活発の気風を(もよ)うしたれども、進歩の道に横わるに古風老大の政府なるものありて、これを如何(いかん)ともすべからず。政府を保存せんか、文明は決して入るべからず。如何となれば近時の文明は日本の旧套(きゅうとう)と両立すべからずして、旧套を脱すれば同時に政府もまた廃滅すべければなり。しからば(すなわ)ち文明を(ふせぎ)てその侵入を止めんか、日本国は独立すべからず。如何となれば世界文明の喧嘩繁劇(はんげき)は東洋孤島の独睡を許さゞればなり。

 ここに於てか我日本の士人(しじん)は国を重しとし政府を軽しとするの大義に基き、また(さいわい)に帝室の神聖尊厳に依頼して、断じて旧政府を倒して新政府を立て、国中(こくちゅう)朝野(ちょうや)の別なく一切万事、西洋近時の文明を採り、(ひと)り日本の旧套を脱したるのみならず、亜細亜(あじあ)全洲の中に在て(あらた)に一機軸を出し、主義とする所はただ脱亜の二字に在るのみ。

 我日本の国土は亜細亜の東辺に在りといえども、その国民の精神は(すで)に亜細亜の固陋(ころう)を脱して西洋の文明に移りたり。(しか)るにここに不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。この二国の人民も古来、亜細亜流の政教風俗に養わるゝこと、我日本国民に(こと)ならずといえども、その人種の由来を(こと)にするか、但しは同様の政教風俗中に居ながらも遺伝教育の旨に同じからざる所のものあるか、日支韓三国相対(あいたい)し、支と韓と相似るの状は支韓の日に()けるよりも近くして、この二国の者共は一身に()きまた一国に関して改進の道を知らず、交通至便の世の中に文明の事物を聞見(ぶんけん)せざるに(あら)ざれども、耳目(じもく)の聞見は(もっ)て心を動かすに足らずして、その古風旧慣に恋々(れんれん)するの情は百千年の古に異ならず、この文明日新の活劇場に教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として、その実際に於ては真理原則の知見なきのみか、道徳さえ地を払うて残刻(ざんこく)不廉恥(ふれんち)を極め、なお傲然(ごうぜん)として自省の念なき者の(ごと)し。

 我輩を以てこの二国を()れば、今の文明東漸の風潮に際し、とてもその独立を維持するの道あるべからず。幸にしてその国中に志士の出現して、()ず国事開進の手始めとして、大にその政府を改革すること我維新の如き大挙を企て、先ず政治を改めて共に人心を一新するが如き活動あらば格別なれども、もしも(しか)らざるに於ては、今より数年を()でずして亡国と()り、その国土は世界文明諸国の分割に帰すべきこと一点の(うたがい)あることなし。如何となれば麻疹に等しき文明開化の流行に()いながら、支韓両国はその伝染の天然に(そむ)き、無理にこれを避けんとして一室内に閉居し、空気の流通を絶て窒塞(ちっそく)するものなればなり。輔車(ほしゃ)唇歯(しんし)とは隣国(あい)助くるの(たとえ)なれども、今の支那、朝鮮は我日本国のために一毫(いちごう)の援助と為らざるのみならず、西洋文明人の眼を以てすれば、三国の地利相接(あいせつ)するが(ため)に、時に(あるい)はこれを同一視し、支韓を評するの価を以て我日本に命ずるの意味なきに(あら)ず。

 例えば支那、朝鮮の政府が古風の専制にして法律の(たの)むべきものあらざれば、西洋の人は日本もまた無法律の国かと疑い、支那、朝鮮の士人が惑溺(わくでき)深くして科学の何ものたるを知らざれば、西洋の学者は日本もまた陰陽五行の国かと思い、支那人が卑屈にして恥を知らざれば、日本人の義侠(ぎきょう)もこれがためにおおわれ、朝鮮国に人を刑するの惨酷(さんこく)なるあれば、日本人もまた共に無情なるかと推量せらるゝが(ごと)き、これらの事例を(かぞう)れば枚挙にいとまあらず。これを(たと)えばこの隣軒を並べたる一村一町内の者共が、愚にして無法にして()かも残忍無情なるときは、(まれ)にその町村内の一家人が正当の人事に注意するも、他の醜におおわれて埋没するものに(こと)ならず。その影響の事実に現われて、間接に我外交上の故障を成すことは実に少々ならず、我日本国の一大不幸と()うべし。

 されば、今日の(はかりごと)を為すに、我国は隣国の開明を待て、共に亜細亜を(おこ)すの猶予(ゆうよ)あるべからず、むしろ、その伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も、隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、まさに西洋人がこれに接するの風に従て処分すべきのみ。悪友を親しむ者は、共に悪名を(まぬ)かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。




日本の不幸は近隣諸国。
ひとつは支那で、もうひとつは朝鮮だ。


この2国の人々は、道徳的に退廃しており、
国際的な紛争でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。


もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に寄与するなどという幻想は捨てるべきだ。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、欧米先進国と共に進まなければならない
隣国だからという理由で特別に接してはならない。

「東アジア」の悪友とは絶交するべきだ
「脱亜論」 Wikipedia

HOME  ≫  前に戻る  ≫  脱亜論  福澤諭吉(ふくざわ ゆきち)

inserted by FC2 system